2021年11月13日土曜日

【告知】小池アミイゴ 花の絵の展覧会「花とラブレター」2021.12/16~12/28

 

小池アミイゴ 花の絵の展覧会
「花とラブレター」

2021年12月16日(木)-28日(火)
12:00-20:00
※会期中無休

【ステイトメント】
20114月、震災直後のにじ画廊で開催した花の絵の展覧会「その辺で咲いていた花」から10年。花の絵を描き続けることで人と出会い、出会いはまた花の絵を描かせる循環を得ることで、世界がどんな痛みや悲しみに直面しようと、ブレることなく表現を続けてこれたはずです。そして10年後のにじ画廊を花の絵で満たし、さらなる10年を生きる足場にしようと思うのです。
 
【イベント:キャンドルナイト】
10年前の、震災直後の夜の暗さを忘れずにいたいと思い、
キャンドルの灯りだけで絵を見ていただく時間を設けます。
*日時はにじ画廊や小池アミイゴさんのSNS・HPでお知らせします。


【プロフィール】
小池アミイゴ/イラストレーター、画家
東京イラストレーターズソサエティ(TIS)会員、2019年度より理事長拝命。
www.yakuin-records.com/amigos

1962年群馬県生まれ、長沢節主催のセツモードセミナーで絵と生き方を学ぶ。
1988年よりフリーのイラストレーターとしての活動をスタート。仕事や展覧会開催多数。

1990年代
いくつかのバンドで鍵盤奏者として活躍。併せてCLUB DJとしてイベントを主催。
多くのアーティストの実験現場として機能させる。

2000年代
日本各地をめぐり、ローカルで活躍する人たちとライブイベントや
ワークショップを企画開催。

20114月吉祥寺にじ画廊で花の絵の展覧会「その辺で咲いていた花」開催。

2011311日の東日本大震災発生後、
東北地方の各地を巡り、「東日本」というテーマのもと作品を制作。
個展「東日本」として青山のspace yui2012年、14年、15年、17年、19年、21年に開催。
「東日本」巡回展:
つなぎ美術館(熊本県津奈木町_2017)
杉村惇美術館(宮城県塩釜市_2019)など。

2017年~2021
東京都と福島県の事業「福島藝術化計画」で
子どもとのワークショップセッションを展開。

2018年~20
小山薫堂氏とのコラボレーション「旅する日本語」を羽田空港で展開。

20198~9
台湾台三線エリアを3週間に渡り取材。
客家の文化を絵で紹介する客家委員会のプロジェクトスタート。

20215~10月、京都新聞で花の絵とエッセー「花とラブレター」連載。

絵本:「ちいさいトラック」「とうだい」(福音館書店)の作画、
   「かぜひいた」(教育画劇)「うーこのてがみ」(角川書店)
   「はるのひ」(徳間書店)の作・絵